夏になると裸足になる機会も増えますよね!アウトドアが好きな方は海やプールに行くこともあるでしょう。そんな楽しみが増える夏に向けて、足の悩みはイトリゾールで解決しておきましょう!当サイトではイトリゾールについて詳しくご紹介します。

イトリゾールと研究と尿素について

日本は、水虫の患者が多いので、水虫の治療薬も数多く販売されています。
水虫は、白癬菌が原因となって発症します。
白癬菌が感染した場合に使われるのが、抗真菌薬です。
強力な抗真菌活性を持つ抗真菌薬が、イトリゾールです。
イトリゾールは、トリアゾール系の抗真菌薬です。
脂溶性のため、効果が持続しやすいという特長があります。
イトリゾールは、真菌が原因の様々な感染症に適応しているため、処方されることが多くなっています。
イトリゾールは、爪水虫の治療に使われることが多いです。
イトリゾールを服用する場合、パルス療法で服用が行われます。
パルス療法では、1週間くらい薬を服用して、その後3週間くらい薬の服用を止めるというサイクルを3回繰り返します。
この方法を使うことで、薬の服用期間を短縮することができます。
イトリゾールは、肝臓に負担がかかることがあるので、服用している場合は、定期的な検査が必要です。
服用中に体に異常が出た場合は、すぐに担当の医師に報告して診断を受けることが大事です。
水虫は、足の指や足の裏などに発症することが多いのですが、かかとに発症することも少なくないです。
そして、かかとに発症すると、角質層が厚いために治りにくいです。
そのため、抗真菌薬に尿素を加えた水虫の治療薬が研究によって開発され、販売されています。
尿素を加えることで、硬くなったかかとの角質がやわらかくなり、抗真菌薬が角質層の奥深くまで浸透して白癬菌を殺菌します。
尿素は、水虫によってできた皮膚のかさつきやひび割れも改善するので、利用者の評判も高いです。
尿素を加えた抗真菌薬は、患部の周囲に広めに塗ることが大事です。
水虫菌は、見た目ではわからない部分にも隠れていることがあるので、注意が必要です。