夏になると裸足になる機会も増えますよね!アウトドアが好きな方は海やプールに行くこともあるでしょう。そんな楽しみが増える夏に向けて、足の悩みはイトリゾールで解決しておきましょう!当サイトではイトリゾールについて詳しくご紹介します。

2016年07月の記事一覧

水虫によるマメが出来たらお湯やイトリゾールで対策

水虫が出来ると、足にマメのようなブツブツが発生することがあるので、見た目も悪いので潰してしまいたくなりますが、これは潰さず、そのままにするようにしてください。
マメを潰すと、そこから液体が出てくるため、余計にジュクジュクした状態になって、潰す前よりもひどくなることがあるので、市販の塗り薬を塗って、様子を見るようにしましょう。
塗り薬を使う際は、清潔な状態にする必要があるので、綺麗な水で丁寧に洗って、タオルで水分をふき取り、しっかり乾燥させてから、患部だけでなく、その周辺にも塗ることが大切です。
水虫の菌である白癬菌は、患部以外の箇所にも広がっていることがあるので、患部を中心に広範囲に塗るようにしたいですね。
またお湯による殺菌治療も効果があるので試してみるとよいでしょう。
白癬菌はおよそ60度で死滅することがわかっていますが、別にそれほど高くなくても、長時間足を浸すのであれば、40度のような低温でもかまいません。
足が入るぐらいの大きさの洗面器に40度のお湯を入れ、しばらく浸していれば、 殺菌作用で白癬菌が死滅し、水虫を改善に導くことが出来ます。
民間療法の中でももっとも簡単ですし、初期の水虫なら次第に良くなり、マメのようなものもなくなって、綺麗な肌に近づいていきます。
市販の塗り薬や、お湯に浸すなどの方法でも水虫が治らなかった場合は、皮膚科で診察を受けるようにしてください。
皮膚科ではその人に合った、さまざまな薬を出してくれるので、それを使えば短期間で治せます。
どれだけ悪化した状態の水虫であっても、イトリゾールのような飲み薬を服用すれば、体内から殺菌して、白癬菌を死滅できるので、塗り薬よりも高い効果を期待できます。

続きを読む

2chで相談!小水疱の治療方法とイトリゾールの存在

水虫の多くは発症した方は人に相談するのは恥かしいといって症状を悪化させてしまう傾向があります。
特に小水疱型の水虫は見てすぐにわかるほど水疱ができているので、余計に相談しにくい傾向があります。
しかし2chでは著名性を利用して様々な水虫に対する相談が寄せられています。
中でも多いのは治療方法が間違っていたという事例です。
水虫は様々な種類の細菌が関係している病気なので、正しい治療方法でないと症状が改善しないどころか逆に悪化させてしまう事すらあるのです。
特に誤診でステロイド剤を使用した誤った治療方法が報告される事も多く、症状にもよりますが本来小水疱を治すにはイトリゾールのような内服薬ではなく、塗り薬による治療をしなければならないのです。
場合によってはステロイド剤を使用するケースもありますが、最初からステロイド剤を使用する事例が極めてすくないので、治療にはいる前によく症状を医師に確認してもらった上で治療してもらってください。
小水疱にかかってしまった時の注意事項ですが、多くの人がカサブタを剥がしたくなる衝動と似たようなものを感じ水疱を故意につぶしてしまう傾向がありますが、この行為は雑菌が患部に入り混み化膿してしまう可能性もあるため医師の治療行為や薬を塗る時以外は触れないようにしましょう。
しかし水疱が自然に破れると白や黄色の液体のような物がでてきますが、これは水虫の原因となっているカビではありませんので注意する必要はありません。
そしてもう一つ誤認する症状として汗疱という症状がありますが、これも水虫ではありません。
ただし症状がわからない場合は医師に白癬菌があるかどうか、つまり水虫なのかどうかを確認してもらいましょう。
この様に水虫には正しい治療行為を行わなければ症状が悪化してしまう可能性もあるので、皮膚科やアレルギー科で詳しく診断してもらいましょう。

続きを読む